« 地震の時のオトシン! | トップページ | 暑中見舞い »

2010-07-30

大磯と混ぜてみた

七夕の記事から、すぐ大磯砂を買ってきまして、

60水槽の底床を川砂と混ぜる準備をしてました。


なんでも大磯は海の砂なので、貝殻やその破片が混ざっていて、

そのまま使うと水をアルカリに傾けるようです。

なので、使用する前に酸処理をするのが定番のようです。

でも買ってきた大磯をいきなり酸処理しても、

大きい物は溶けないそうなので最初に取り除かないといけないらしいです。

かなり面倒でしたが、一様、やりました。

1kg買ってきたんですけど、はっきりと、

これは貝だ~! っていうのは、



なんとっ~!!




一粒でした~ (^-^;



タニシに大きさも形もそっくりなのが一粒でした~。

破片はたぶん?、 無かったと思います。

せっかくなので、それらしいのや、尖った石は取り除きました。


それから酸処理も面倒になったので、水に浸して様子を見ました。

1週間ぐらいしてから、pHを計ってみたら、

水道水と殆んど変わらず、7.3ぐらいでした。

うちの水道水、アルカリですね~  ^^;

一様、KHも計ってみたら、水道水3で、大磯の水4でした。

まっ、あまり変わらないので、そのまま使いました  ^^;



っで、こんな感じになりました。


Imgp4715


奥は、川砂を取り出して大磯のみです。

結局、ほとんど大磯ですね~  ^^;


肝心のHANABIの体色は、薄い子もいますが、

全体的に黒っぽくなりました。




一番、立派な色の♂です。


Imgp4673




ヒレも色付いてきて、いつの間にか、HANABIらしくなってます   (*^-^)

|

« 地震の時のオトシン! | トップページ | 暑中見舞い »

熱帯魚・他」カテゴリの記事

コメント

おお、綺麗なハナビが上がるのももうすぐですね。
まるっちいシルエットが可愛いです。o(*^▽^*)o
アクアリウム、本気で作成すると、手間がかかるんですね。
とても立派な水景です。流木かっこいい。
もし、うちでリセットすることがあれば、今度は流木にしようっと。
それから、報告です。やっと私も、並オトをお迎えしました。(*゚▽゚)ノ
首元のピンク色が濃いので、ピンちゃんです。
奥に隠れていても、私が、ピンちゃん、ピンちゃんとしつこく呼ぶと、
前の方に出て来てくれる、良い子です。(*^-^)
30キューブの正面のコケを3日で食べた、食いしん坊です。heart01

投稿: puku | 2010-07-30 21:13

こんばんわ~♪
HANABIcいい感ぢになってきましたねぇ
やっぱり全体見せて頂いてもキレイに仕上がってますね
うちのなんてゴチャゴチャしてるな~ヾ(^(エ)^;)ゞ

投稿: (・囚・)vivi | 2010-07-30 23:54

大磯ってアルカリ性になっちゃうんですか!
酸処理とか一度もしたことなかったです

水で濯いでそのまま水槽に入れてましたよhappy01

それでもうちの水槽全部酸性なのはなんでなんでしょうsmile

勉強になりましたheart01

投稿: MOE | 2010-07-31 12:23

久しぶりです。

HANABI、綺麗な色になってますね。
うちは、大磯メインです。

酸処理は、したのとしてないのがあります。
魚や水草によって、変えています。

HANABIが入っている水槽は、酸処理したものですね。

もともとの水は、中性くらいです。
以前、測ってましたが、GH,KH,ともに酸処理した水槽にいれると、下がっていたような気がします。

投稿: トモ@まとめてメンテナンス バクテリア | 2010-08-01 12:34

おはようございます!

キチンと選別されたんですね!
うちは、phの下がり過ぎ防止にカキ殻使ってます。うちに居着いたバクテリア達、ph下げ過ぎです。

水道水は、炭酸ガスでph調整してるので、抜けると殆どが弱アルカリに成ってしまいます。

投稿: ひらめ | 2010-08-02 08:08

>pukuさん
おおっ~!とうとう並オト、お迎えしたんですね!
おめでとうございます!ピンちゃんですか!
名前を聞いただけで可愛い子ってのが想像できますね^^
なんと、呼ぶと出てくる!?なんていい子なんでしょう!
うちのオトたちに爪の垢を・・・
って、爪無いから、何を煎じて飲ませましょう? ^^;

投稿: cypher | 2010-08-05 18:39

> (・囚・)vivi さん
HANABI、段々、立派になってきました~^^
水草がシダしかないので、キレイというか、
ただシンプルなだけなんですよ~^^;
やっぱり、ちょっと寂しい感じがしてます。

投稿: cypher | 2010-08-05 18:47

>MOEさん
大磯は一般的にアルカリに傾けるみたいですよ。
MOEさんの所は全部酸性ですか~?!
んん~、^^; よく分かりませんが水道水が酸性なのか?、
硝酸塩が溜まっているのか?ですかね~^^;

投稿: cypher | 2010-08-05 19:08

> トモ@まとめてメンテナンス バクテリアさん
むむ、たぶん初めましてだと思うんですけど~、
違ってたらごめんなさい^^;
魚や水草も弱アルカリを好むのもありますからね~。
やっぱり酸処理した方が良かったですかね~^^;

投稿: cypher | 2010-08-05 19:13

>ひらめさん
え~、カキ殻を使ってるんですか~?!
それってバクテリアがいっぱい居るから酸性になるわけでは、ないですよね?!
バクテリアの活動によって、最終的に硝酸塩が溜まってくるから、
徐々に酸性に傾いていくって事ですよね?!
あれ、段々分からなくなってきました~^^;

投稿: cypher | 2010-08-05 19:30

おはようございます。

phの下がる仕組みは、その通りです。
もうひとつ忘れると厄介なのが、二酸化炭素です。
水草の沢山入った水槽だと、夜間に水草から放出された二酸化炭素でphが下がるし、酸素も薄くなります。


カキ殻は、大型魚やディスカスを飼われてる方が良くやってますが、貝殻の成分の純度が高いので、硬度や導電率を上げること無くphを上げることが出来ます。

うちは、ph低下防止用の緩衝材として、外部フィルターに仕込んでます。
大型魚扱ってるお店なら、アクア用に砕いたの売ってると思います。

投稿: ひらめ | 2010-08-06 07:26

スミマセン!
誤解が有ると困るので。
アクアでは生体に影響の有るアンモニアの処理系ばかり話にでますが、
一年も維持してるとバクテリアは、糞や残り餌に含まれる有機物を処理する奴など、凄い種類のバクテリアや微生物が居着いてると思います。

そのお陰で水槽が安定するのですが、その裏でどんどん酸化物が作られてしまいます。

魚が大きく成る>餌が増える>水が汚れる>濾過強化する>微生物が増える>酸化物が増える>phが下がる

と言う感じです。
過密水槽も同じ構図です。

連カキ失礼しました。

投稿: ひらめ | 2010-08-06 07:53

HANABIいい色になってきましたね!
すごく綺麗です〜(´∀`)

大磯使用してpHの変化とかどうでしょうか。よかったら今後また何か変化があったら教えてほしいです。
うちではグッピーのみの酸処理ナシの大磯水槽があるんですが、
下がりまくりでほぼpH5.0って感じになっちゃってます。
時間が経って大磯の力も及ばなくなってしまったのかもしれませんが…(^^;

投稿: F.I.L.O | 2010-08-06 16:28

>ひらめさん
わざわざ、詳しい解説ありがとうございます!
やっぱりバクテリアの活動によって、段々、
酸性に傾いていくんですよね~!
勉強になりました~^^

投稿: cypher | 2010-08-06 19:27

>F.I.L.Oさん
この前、測ったら7.3ぐらいでしたが、
今の季節は足し水が多いので安定してないかも?です^^;
5.0ってのは、ちょっと下がりすぎな感じがしますが、
時間が経ってこなれた大磯は、最高の底床材だと読んだことがありますので、
もうpHには大磯自体は影響を及ぼさない状態なんじゃないですかね~^^;

投稿: cypher | 2010-08-06 19:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1275872/35951125

この記事へのトラックバック一覧です: 大磯と混ぜてみた:

« 地震の時のオトシン! | トップページ | 暑中見舞い »