« 大磯と混ぜてみた | トップページ | 悪夢、再び »

2010-08-06

暑中見舞い

「アクアリストの皆様、

 猛暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?」



「昨年にもまして暑さが厳しく感じられます。お体を大切にお過ごしください。」




Imgp4657




お~、 (゚0゚)

誰かと思ったら、マリリンのブラックくん!

暑中見舞い、ありがとう!




って、  ( ̄○ ̄;)!



流木の影から、皆さんに失礼じゃないか~!


せっかくだから、もっと近くに来て、

ちゃんと、言いなさいっ!   (`◇´*)






Imgp4655



゚゚(´O`)°゚   あ~ん、

何だよう、みんなで怖がってばっかりで、

最近、明るい時は、だ~れも出て来てくれな ・ ・ ・ ・




Imgp4752



\(*`∧´)/   


こらっ!


人の話は最後まで聞けー  !

|

« 大磯と混ぜてみた | トップページ | 悪夢、再び »

オトシン」カテゴリの記事

コメント

暑中見舞申し上げます☆


あははp(^^)q
うちのコリもよく逃げちゃうので、お気持ちわかります♪
そんなに怖がらなくても、餌くれる人なんだよ〜って話し掛けても逃げちゃいます(笑)

うちで産まれたチビはみんな慣れてるのですが、お店で買った子はビビりさんが多いですね(^O^)

投稿: MOE | 2010-08-06 23:33

久しぶりのマリリン♪
もっと近づいて欲しいですよね。
うちのピンちゃんも最近は草の奥に隠れることが多く、
しつこく呼んでその場を一旦離れると、姿の見える所まで移動するだけで
前面ガラスまでなかなか来なくなりました(;д;)
ガラスに張り付いている時は、機嫌が良いのか?お腹をガラス越しにつんつんすると、
胸びれでぴろぴろと返事?してくれます。
なんか歪んだ可愛がりかたかも?ストレス掛け過ぎですね。
もっとクールにいかないと、魚の体調管理ができませんね。反省(゚ー゚;

投稿: puku | 2010-08-07 00:32

こんばんゎ!

猛暑お見舞い申し上げます。
ほんとに信じられないくらい暑いです。

うちのマリリンは、結構前に出て来きます。
ロボッコットは、餌の時しか見かけません。

中々、格好良いオトシンなんで、もっと出て来て欲しいですね!

投稿: ひらめ | 2010-08-07 23:14

暑中お見舞い申し上げま~す♪

これまで前に出てた子が急に引っ込んでしまって
人気が無くなった頃にやっと出てきたりもしてます^^;
やっぱりかなりデリケートですね~(;´囚`)トホホ

投稿: (・囚・)vivi | 2010-08-08 17:50

最近皆さん恐がりなんですか?
うちと同じですね…(´;ω;`)ブワッ
ゼブラとかは割と気にせず出てきてくれるイメージなんですが
オトシン種別によって違ったりしてますか?

投稿: F.I.L.O | 2010-08-09 17:31

>MOEさん
稚コリたちは逃げないんですね~!
やっぱり生まれた時から人を見慣れてるからですかね~^^

投稿: cypher | 2010-08-14 18:44

>pukuさん
あら、ピンちゃんもあまり出てこなくなってしまいましたか~。
やっぱり水草とかに隠れてた方が落ち着くんでしょうね~。
飼い主の私達は、寂しくても我慢かな~^^;

投稿: cypher | 2010-08-14 18:52

>ひらめさん
マリリン、出て来てくれますか~!羨ましい~^^
ロボコットも居たんですか~!?
またブログで紹介してください^^

投稿: cypher | 2010-08-14 18:55

>(・囚・)vivi さん
あら、(・囚・)vivi さんの所もですか~!
私達は魚に比べたらデカすぎますからね~^^;
怖がられるのも当然って感じですかね^^;

投稿: cypher | 2010-08-14 19:05

>F.I.L.Oさん
リセットしてレイアウトが変わってから、みんな出て来なくなってしまいました~^^;
前はグレーくん以外のゼブラたちやナミちゃんは出て来てたんですけど~。
なんとなくオトシンクルス属は仲がいい感じがします。
特にナミちゃんはマリリンに出会うと追っ払ってます^^;

投稿: cypher | 2010-08-14 19:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1275872/36035885

この記事へのトラックバック一覧です: 暑中見舞い:

« 大磯と混ぜてみた | トップページ | 悪夢、再び »