« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010-12-31

2010 大晦日

とうとう今年も終わりですね。

いつも12月に入ったぐらいで、

「 今年も終わりか~ 」 っと思いますね~ ^^;

良いんだか、悪いんだか? ですが ^^;



お世話になった皆さん、ありがとうございました!

また、来年もよろしく~です!





では、皆さん、





Imgp5945

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010-12-24

ママを探して60cm 第3話

幼魚三魚衆は、今、まさにピンチ中のピンチ。

必死の逃泳(逃走)中だった ・ ・ ・ ・



ホワイティ : 「待てー!ごぉらー!!」



幼魚C : 「お兄ちゃん、やばいよ、やばいよ~!」

幼魚B : 「あの怒ってる魚、変な形の口してるな~?

              まるで吸盤みたいな ・ ・ ・ ・ 」

幼魚C : 「ホントだ~!」

幼魚A : 「 Σ(`0´*)! 


        たぶん、あの魚、キス魔だよ!」

幼魚C : 「キス魔~?!」

幼魚B : 「もし捕まったら、

            チュッチュ、チュッチュされるぞ~!!」

幼魚C : 「 ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ 」

幼魚A : 「全速力で逃げるんだ~!!」


 
 ピュッピューーーー



幼魚B : 「あ!あそこに魚がいる! 助けてもらおうよ!」

幼魚C : 「あ~ん疲れた~、たちゅけて~~!!」

幼魚A : 「う、うん!


           あのー、すいません!    」



Imgp5984



Imgp1820



幼魚C : 「出たー!」

幼魚B : 「ゾンビー!!」

幼魚A : 「キス魔で、お化け~!! ブクブクッ ・ ・ ・ 」



っと叫んで、3匹とも、気を失ってしまった!



またまた、大ピンチ!

このままでは、魚なのに水の中で溺れてしまう?!



っと思った矢先、





Imgp5911_2




3匹の体は、眩しい光に包まれるのだった ・ ・ ・ ・



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



謎の光に包まれた幼魚三魚衆!

果たしてこの光は?

無理やりファンタジーに突入しながら、

次回、たぶん最終回?!


(つづく~ ^^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010-12-20

ママを探して60cm 第2話

幼魚三魚衆のママを探す旅は、始まったばかり。

これから数々の苦難が待っている事をまだ、誰も知らない ・ ・ ・ ・



そして水草のジャングルを抜けた時、

また1匹の魚を見つけた!


幼魚A : 「おっ!やっと見つけた!あれは、ママじゃないか?」

幼魚B : 「むむぅ~、この前のよりはスマートな体型で、

           僕たちに近いと言えば ・ ・ ・ 近いような?!」

幼魚C : 「ママ、見つかったの~?!」

幼魚A : 「う、うん。あれはどうかな~?」

幼魚C : 「 ・ ・ ・ ・  (´ρ`) 

                あれも違うよ~! 



                   だって、色が ・ ・ ・ ・ 」







Imgp5128



幼魚A : 「だよな!あれも違うな!」

幼魚B : 「確かに地味だな!僕たちのオレンジ色が無いもんな!」

幼魚C : 「そうだよ~、

       僕たちのこのオレンジ色に赤が混ざったような色、

       日本っていう国では朱色(しゅいろ)って言うらしいよ~!」

幼魚A : 「朱色!!」

幼魚B : 「洒落た名前だな!」

幼魚A : 「もしかして、僕たちって、お・洒・落~!!」

幼魚B : 「だ・な!」

幼魚皆 : 「 ( ´艸`)プププ  あは、はははは~  」



幼魚A : 「おっ!また見つけたけど ・ ・ ・ ・」

幼魚B : 「あれもママじゃないな~!」

幼魚C : 「 (゚0゚)  見てよ!あの魚!!



                   魚のくせに ・ ・ ・ ・  」









Imgp5375



幼魚皆 : 「  ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ  (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャー 」



幼魚B : 「魚だけど、あの”牛色”なら乳、出るんじゃないかな?!」

幼魚A : 「頼めば乳、飲ましてくれるかな~?」

幼魚B : 「笑いすぎて、ちょうど喉渇いたから飲ましてもらおうよ!」

幼魚C : 「乳、飲みたい、飲みたい!!」


幼魚A : 「よし、じゃ~頼んでみよう!




              ってなんか様子が ・ ・ ・ ・   」

Imgp5377




幼魚B : 「なんかピキッて、音がしたぞ!」

幼魚C : 「あれは、怒ってるんじゃ~? ・ ・ ・ ・ 」

幼魚A : 「 Σ( ゜Д゜)ハッ! やばい! 危険レベル、最高!

            いわゆる、超~~ピンチってやつだー!!

                       みんなー、逃げろー!!」



アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!   ピューーー



ホワイティ : 「乳がどうのってー!

          もし僕が乳出たら、それはもう魚じゃなくて、




                                       哺乳類だろー !!(爆

   

       
おい! 待てー! ごぉらー!!!  \(*`∧´)/



                    そこのチンドン屋トリオー!!  」



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



人生(魚生)、最大のピンチが訪れた幼魚三魚衆!

悪気はないのに、

触れてはいけないものに触れまくりの幼魚三魚衆!!

果たして無事、逃げきる事ができるのか~~?!


(つづく~ ^^;)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010-12-15

ママを探して60cm

この感動の物語は、ある日突然、

HANABI幼魚たちの何気ない会話から始まった ・ ・ ・ ・




幼魚A : 「ところでさぁ~、ぼくたちのママって誰なんだろ?」

幼魚B : 「ママかぁ~・・・、誰だろねえ~?」

幼魚C : 「会いたいよ~、ママに~ (T・T)エーン 」

幼魚A : 「分かった、分かった!泣くなよ~  ┐(´д`)┌ヤレヤレ 」

幼魚B : 「そいじゃ~、探してみるか~!」

幼魚C : 「うん!やったー」



こうして幼魚たちの旅が始まった ・ ・ ・ ・



幼魚A : 「まずは、あれだな!」

幼魚B : 「あれか!ん~、体の横の点々が似てると言えば似てるなぁ~?」

幼魚C : 「あれがママ~?! 違うよ~!!」





Imgp5465



幼魚A : 「だよな!あれは違うな!」

幼魚B : 「う、うん、違う!違う!」



幼魚A : 「んっ、じゃ~あれか?」

幼魚B : 「おっ!あれも点々が一緒だな~!」

幼魚C : 「え!あれ! もう~、(`ε´) 違うよ~!

        体は小さくなったけど、体に対しての顔の比率が一緒だよ~」

       「大体 ・ ・ ・ ・ 」




Imgp5549




幼魚A : 「だな ^^; あれも違うなっ」

幼魚B : 「ん~、ちょっと横に太いな!」

幼魚C : 「もう~、お兄ちゃんたち、しっかりしてよ~!」

幼魚A : 「っん、冗談だよ、冗談!」

幼魚B : 「っそ、冗談!」

幼魚C : 「なんだ~、冗談なの~?!」

幼魚皆 : 「あはははは~  ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ 」



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



こうして、長く辛い旅は、

他の魚も傷付けながら? まだ、続くのだった ・ ・ ・ ・


がんばれ、幼魚三魚衆!

君たちのママは、何処かで待ってるぞ!



(つづく~ ^^;)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010-12-08

HANA稚魚のその後3

前回から、また約2週間が経ちました。


もう、ほとんど透明な部分は無くなって、

見た目は成魚と変わらなくなってきました。



Imgp5901


大きさは15mmぐらいで、こうして写真で見ると、

ホントにあの稚魚?! 

と言いたくなるぐらいになりましたね~ ^^

もう稚魚ではなく幼魚っていうんでしょうか?!

人間でいうと中高生ぐらいかな  ^^

1匹は小学生ですけど~ ^^;


でも、なんとか3匹は残ったようで良かったです!


なにより、一番、なついてますね~!

水槽に顔を近づけると、けっこう寄って来てくれます!

なんとも可愛い奴らです ^^



やっぱり、物心付いた時から知ってるってのは大きいですね、



たぶん ・ ・ ・ ・   (^-^;

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010-12-01

続・気になる奴ら

ホワイティ 「ねえ、そう思わないっ?」




マリリンのブラック

Imgp5477

Imgp5348




そこへ、



Imgp5903




Imgp5472

Imgp5480




・ ・ ・ ・




Imgp5475




・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆




Imgp5366

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »